増大器具、増大手術のどれが一番いいの?

トレーニングで増大する

陰茎トレーニングとは陰茎増大のためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は恥骨の上からつながっている筋肉とおしりの方からつながっている筋肉で構成されています。

陰茎トレーニングというのはこの上下の筋肉に働きかけて陰茎をよりいっそうギンギンにする目的のトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は付近だったりスクワットだったり、実際に陰茎を伸ばしたりするトレーニングというものがあります。

これらの運動をすることにより陰茎そのものが硬く太くなり、勃起したときのギンギン具合に貢献してくれます。

毎日陰茎トレーニングを続けることにより、ジワジワと陰茎のパワーアップを実感できるとおもいます。

陰茎増大マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントとしてはスライドするときに陰茎の根元から血液を流し込むような感じで亀頭側にスライドしていきます。

陰茎増大クリーム

陰茎を大きくするための専用のローションが販売されています。

陰茎の血流を改善する成分が配合されていて、普通のローションより効果的と言われています。陰茎に塗ってマッサージをすることにより血流が増大します。

増大クリームは陰茎に塗った瞬間に熱をもちはじめて陰茎が熱くなってきて、血流が増える感覚があります。

この増大クリームは先ほどの陰茎マッサージと同時にやるとお互いの効果をいかんなく発揮するでしょう。

メンズサプリを飲む

メンズサプリには発揮してくれるシトルリンやアルギニンなどの成分がまんべんなく配合されています。

シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることが難しいので、メンズサプリなどをつかって積極的に取り入れましょう。

シトルリンとアルギニンというメンズサプリにふんだんに盛り込まれている成分を積極的に摂取することにより圧倒的充実力を得ることができるんです。

自分でビッグな男になるためには、メンズサプリを使ってみるのがおすすめです。

男の活力に外部から刺激を与える

男の自信を大きくしたいのであれば、男の自信トレーニングとメンズサプリを同時並列的に使うことにより、外部と内部から促すことができるでしょう。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体内から男の自信を促進するために作られていますが、ペニストレーニングや増大器具というのは外部からの圧力をかける目的があります。

男の自信を確実なものにするなら、外部からの刺激と内部からの刺激のダブルで目指しましょう。

ミルキングとは

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半分勃起した状態にして、小指から順に握っていって親指まで波を描くように握っていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

血流が亀頭まで届くようになることにより、亀頭の成長も期待できますし、カリが高い亀頭になることができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人にはこのミルキングが一番おすすめのペニストレーニングになります。

ジェルキングとは

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかって、ペニスの竿全体に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くする、血流を促進するの二つが主な目的です。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングは自分の指を使った牽引法とも呼べるものです。ペニスは人体によって固定されているので、竿の何割かは体の内部に埋もれているのです。

体内に埋もれている部分を外に引き延ばす手法なので、ペニスの長さに悩んでいる人にはうってつけの方法ですね。

ジェルキングにもミルキングと同じく血流促進効果を期待できます。

増大器具のメリット、デメリット

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ペニスを定規ではかったり、メジャーで太さを測ったり、温泉などで他人のペニスと比べてみたりしたひとは多いのではないでしょうか。

自分のペニスに自信があれば問題ありませんが、平均値より何センチも小さかったり、チラ見した他人のペニスより自分のペニスが小さかったりしたら自信をなくしてしまうと思います。女性とのセックスにも消極的になってしまうことと思います。

そして、ペニスサイズが平均値より小さくても、どうやって大きくすればいいのかわからない人が大半だと思います。男の自信術に長けているという人はあまりいないのではないでしょうか。

ペニスサイズに悩んでいる人のために、男の自信方法をまとめてどうやったら一番効率的に男の自信を目指すことができるのかを紹介していきたいと思います。

主にあげられるのがメンズサプリ、増大器具、増大手術です。

増大手術のメリットとデメリット

ペニスはサイズアップしたいけど手術はためらいがあると二の足を踏んでしまう人も多いと思います。実際に増大手術とは何をするのでしょうか。

増大手術にはどんなメリットやデメリットがあるのか簡単に解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの基礎部分である人体を手前にひきだして長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入して太さや亀頭を大きくしたりというものがあります。

増大手術というのは物理的に手術というものをするので、即効性がありますし、確実に数センチは大きくすることができるというメリットがあります。

増大手術自体も短時間で終わりますし、入院などの必要もないので、その日に返ることができます。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

ヒアルロン酸を注入して亀頭だけを大きくするというものであれば、数万円ですが、メスを入れるようなものだと数十万円かかることもあります。

また、手術後に痛みや腫れがでることもあるので、オナニーやセックスなどの性行為全般ができないというデメリットもあります。

他にも医師の腕によっては手術のあとが残ってしまうこともあります。他には、勃起したときのペニスサイズに影響を与えないというデメリットもあります。

大金を出して手術をしたのに、勃起したときのサイズが変わらないのであればあまり意味がありませんよね。

これから男の自信をしようと思っている人で、増大手術を検討している人は、こういった点をしっかり認識しておきましょう。

増大器具をつかった増大

器具にはペニスに筒状のものをかぶせて真空にするポンプタイプとペニスを引っ張って大きくする牽引タイプがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、真空状態にして吸引することによりペニス全体に圧力がかかり、海綿体を引き延ばすことができます。

もう一つの牽引タイプの男の自信器具はペニスの竿を引っ張って付加をかけることにより自然にペニスが増大するというものです。

これらのメリットは増大器具を使って直接ペニスに圧力をかけるので増大しやすいというメリットがあります。

実際に増大することができるまでには時間がかかりますが、ペニスへの刺激を実感できればモチベーションが保たれると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては短期間でペニスに付加をかけることでしょう。過度に行うとペニスの細胞が傷ついてしまったりします。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

牽引タイプのデメリットは装着している時間が長いというものあります。4時間以上は使い続ける必要があります。

睡眠中に増大器具を付けていると外れてしまってペニスを傷つけてしまうこともあるので、睡眠中は使わないことをおすすめします。

つまり、起きているときはほぼ牽引タイプの増大器具を装着しておくことが必要になります。男の自信器具の購入を考えている人は安いものを使わないようにすることも大切です。

あまりにも安い器具だとただ痛い思いをするだけで終わることもあるので、購入するときは注意が必要です。

メンズサプリのメリットとデメリット

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

男の自信のメカニズムから自信増大サポート成分を厳選しているのです。

用法用量をまもって、飲み過ぎたりしなければ、薬のような副作用の危険性もなく、安心して男の自信を期待できます。

商品によっては、GMP工場で製造されているので、原材料や製造工程においても安全性が高いといえるでしょう。